スポンサードリンク

[コエンザイムQ10]と、アスタリフトに配合されている[アスタキサンチン]とでは、 どちらの成分がエイジングケアに優れていますか?

コエンザイムQ10☆アスタキサンチン
コスメに詳しい方、教えて下さい。


[コエンザイムQ10]と、アスタリフトに配合されている
[アスタキサンチン]とでは、

どちらの成分がエイジングケアに優れていますか?


my_eden_shopさん

宜しくお願い致します☆


補足[富士フイルム]のアスタリフトのパンフレットに
『アスタキサンチンの美肌パワーはCoQ10の約1000倍』とありますが…

スキンケアもCoQ10配合の方がエイジングケアに良いですか?





ベストアンサーに選ばれた回答


takaco610さん



■コエンザエムQ10とは、抗酸化作用があり、細胞の活動を
安定させるので「若返りの救世主」と言われています。

厳しい日本の薬事法基準をクリアして民間使用が許可された安全性があります。

http://yobo-igaku.jp/coq10/詳しく載ってますよ(^^)


■アスタキサンチンとは、カルテノイド類のキトサンフィルに属した、水産物に広く多く存在する魚類、
甲殻類の色素で、抗酸化作用を含み、多様な生理活性に利用されると期待されている

http://www.astaxanthin.co.jp


■安全性が高く、抗酸化作用があることなど、
共通する良い要素を共通して持っていますが、

「エイジング効果」については、コエンザエムQ10の方が成分的には、

優れているでしょう。

それぞれの情報を添付しておきます。

質問者さんも、ご覧になれば解ると思いますよ。

*だからといって、アスタキサンチンの方が劣る性質というわけではありません。

■■補足より⇒すみません、

現時点コスメを使用されるにあたってのご質問と思ってました。

現在コスメ商品に至ってはは、コエンザエムQ10の方が品質改良を
重ね研究を重ねアンチエイジング化粧品としては、

優秀なのではないかということで、内服的な意味では富士フィルムの
アスタリフトの飲むコラーゲンのように稀に見る10000mg含有
の優秀な商品でが出ており、絶賛の支持を得ています。


アスキタサンチンについては化粧品開発をはじめ
医学的な分野まで現在幅広い分野で研究がなされています。

が、コスメ開発には未だ未知数といった段階であるといえるでしょう。

ですので、質問者さんの「どちらが優秀か?」というご質問は捉え方によって
大変難解となってしまうのですが、コスメティックに関しては、

やはりコエンザエムQ10が製品も充実しており有力。

しかし内因的なアプローチについての当初は医療開発研究から
始まったこと等経緯をみるとサプリメント、

飲料に関しては最近注目のアスタリフト方がQ10コエンザイムより一歩リードしているといえるでしょう。
といったところではないでしょうか。

ですので、1000倍とうたっているのもあながち間違いではありません。


質問者さんが、
外因的アプローチからアンチエイジングを求められるのか、

内因的なものからのものを重視されるかによって
変わってくるのではないでしょうか?



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1046812775
※この記事の著作権は配信元に帰属します


元モーニング娘。農業に「転職」 18歳久住小春が無農薬野菜作り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110203-00000000-jct-ent

あなたは、外からそれとも内から?

どちらにせよ、睡眠と栄養のバランスが
一番大切ですよね。

posted by coQ10 at 09:36 | Comment(0) | アスタキサンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。