スポンサードリンク

コエンザイムQ10の副作用

●コエンザイムQ10の副作用


コエンザイムQ10は、もともとは人間の体内で
生成されるため特に副作用などはありません。


1日300mg以上の摂取で、肝機能テストにおいて軽度の
上昇が有るようですが、症状にあらわる肝臓病気の報告は特になし。


極くまれに、胃の不調、食欲不振、吐き気、下痢など
軽度の過剰症がみられているので、1日に100mg以上摂取する場合は、
2回から3回に分けるとよいでしょう。


●摂取時の注意点


コエンザイムQ10は、ビタミンEを再生し、同時に摂ると効果的です。
また、ビタミンAやカテキンなど抗酸化作用のある物質と同時に摂取すると効果的です。


極くまれに、軽度の過剰症がみられているので、
1日に100mg以上摂取する場合は、

2回から3回に分けると副作用を最小限に抑えることができ、
100mgまでなら、特には問題ないと考えられます。


サプリメントなどで摂取する場合は製品ごとの説明書を
よく読んで過剰摂取にならないように気をつけなければなりません。


また、
以前は心疾患予防の医薬品であるため他の病気などの
治療中の方は医師に相談した方が良いでしょう。


医薬品として使用する場合のコエンザイムQ10の
上限量は1日に30mgとされています。


一般的に副作用が出にくく、おもったより安全性が高いと考えられていますが、
多量に摂取した場合に軽度の胃腸障害(悪心、下痢、上腹部痛)が報告されています。


高血圧や糖尿病の薬との併用は、薬の作用が増強される
可能性があるため、注意が必要です。
posted by coQ10 at 16:33 | Comment(0) | コエンザイムQ10の副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。