スポンサードリンク

医薬品としての効能




■ユビキノン(コエンザイムQ10)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%93%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%B3


〜ウィキペディアより引用〜


日本でも2001年に医薬品の範囲に関する基準(いわゆる「食薬区分」)が改正され、
さらに2004年化粧品基準が改正されて、健康食品や化粧品への利用に道が開かれた。


摂取量については、どの程度までなら摂取しても安全なのか、などといった推奨量や
上限量はまだよくわかっておらず、また「多量に摂取した場合に軽度の胃腸症状
(悪心、下痢、上腹部痛)」があらわれるという報告があり、


1日に数十mg以上の過剰摂取は避けた方が望ましい。


厚生労働省からは医薬品として用いられる量(1日30mg)
を超えないようにとの通知が出されている。


また、
2009年11月に、ユビキノンの抗酸化作用がマウスの老人性難聴
の予防に効果があることを、東京大学が実験で明らかにした。
posted by coQ10 at 22:58 | Comment(0) | 医薬品としての効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。